建設キャリアアップシステムの概要

建設キャリアアップシステム(以下CCUS)とは、技能者一人一人の就業実績や資格を登録して、技能の公正な評価、工事の品質向上、現場作業の効率化などにつなげるシステムのことをいいます。


(引用:一般財団法人建設業振興基金HP)

CCUSについては段階的に活用工事の対象を拡大し、公共工事等での活用を原則化することが国土交通省から公表されています。
今後順次、地方公共団体、許可行政庁が、「CCUSへの登録」を公共工事の受注要件としていくことが予測されています。

CCUSの目的

・職人を育てる企業が評価され、受注機会が確保される環境整備
・技能者の就業履歴を蓄積し、保有資格などと合わせて適正な能力を評価し、給与の引上げを行う
・技能者のキャリアパスを明確にして若い世代の入職者を増やす
・優秀な技能者を抱える専門工事業者の施工能力を見える化して競争力を高め、かつ業界の健全化を図る

CCUSの導入

CCUSに登録して、現場に設置されたカードリーダーなどにタッチや顔認証をします。


(引用:一般財団法人建設業振興基金HP)

CCUSの登録

CCUSへの登録は別途手数料が必要です。
申請方法は、インターネット申請と窓口(認定登録機関)申請の2つの方法があります。
まずは事業者登録を済ませてから、技術者登録を行うことが推奨されています。
技術者登録は簡略型と詳細型に分かれており、手数料も異なります。

【簡略型】登録料 2,500円 技能者の本人情報等を登録
【詳細型】登録料 4,900円 「簡略型」の本人情報等に加え、保有資格、健康診断等の情報を登録

CCUSのメリット


(参照:一般財団法人建設業振興基金HP)

技能者にとってのメリット

①CCUS情報を活用した能力評価と、レベルごとの年収目安の明確化による、賃金水準の相場感の形成、引き上げ/ダンピング防止。
②現場や勤務先が変わっても、自らの能力を客観的に証明することが可能になる。
③カードリーダータッチで日々320円の建退共掛金を積み立てられる。

下請業者側から見たメリット

①自社が雇用する技能者の数や保有資格、社会保険加入状況等が明らかになり、取引先からの信頼が得やすくなる。
②技能者の能力評価と連動した専門工事企業の施工能力等の見える化(4段階評価)
③出面管理のIT化、賃金や代金支払いの根拠が明確になる。

元請や上位下請から見たメリット

①初めて仕事する下請業者の実力や技能者の資格等(*)の確認ができ、施工の安心感につながる
*社会保険加入状況や安全衛生資格保有の有無、一人親方の労災特別加入状況
②PCで作業の進捗状況の確認や下請への支払いの適正化など現場管理の効率化が図れる
➂施工体制台帳、作業員名簿の作成、建退共の証紙受払・貼付等の作業の簡素化、ペーパーレス化の推進
④外国人労働者の資格等の確認が容易になる

建設業界全体としてのメリット

◆若い世代への建設業のイメージアップ
◆施主に対する価格交渉力アップ(エビデンスに基づく請求が可能)
◆真に実力がある企業が選ばれる透明性の高い建設市場への変革

当事務所では、事業者登録・技術者登録ともに代理申請を行っております。
お気軽にお問合せください!